Top >  スピーチの内容・文例 >  手紙の文量の目安は?

スポンサードリンク

ウェディングギフト&グッツのセレクトショップ
“もらってうれしいブライダルギフト”がいっぱい!ブライダルギフト・引出物の専門店ブライダル・イン・プロジェクト

手紙の文量の目安は?

手紙の内容については以前に書きました。
文章の量はだどれくらいが妥当かというと、便箋2枚くらいで、読み上げる時間は大体2分半~3分が良いのではないかと思います。

というのも、新婦から両親へあてた手紙を読むタイミングは結婚式も終わりが近くクライマックスを過ぎて終わりへ向かっている時です。
あまりにこの手紙の朗読が長いと出席者の人々が飽きてしまって、「手紙の朗読が長いなぁ・・・」と思わせてしまうからです。

せっかくの感動的なシーンなはずなのに出席者のあくびが出るよう場面になってしまっては感動も半減してしまいますよね。
ここは感動を演出する大切な場面ですから要注意です。
そしてこの手紙を読み上げられた側が泣いてしまうと言いましたが、読んでいる方も涙なしではいられません。
読んでる人が泣いてしまってその先が続かない場合があるので、その時は司会者に同じ文面を渡しておいて続きを読んでもらうように頼むか、簡潔な文面だけを読み上げて本当に言いたいことは別で手紙を渡すという方法などもよくあるようです。


スポンサードリンク

ウェディングギフト&グッツのセレクトショップ
“もらってうれしいブライダルギフト”がいっぱい!ブライダルギフト・引出物の専門店ブライダル・イン・プロジェクト

 <  前の記事 感謝の言葉は最高のスピーチ  |  トップページ  |  次の記事 結婚式関連の本や情報について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/41

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚スピーチを頼まれて・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。