Top >  スピーチ・テクニック >  祝辞の次は自己紹介を

スポンサードリンク

ウェディングギフト&グッツのセレクトショップ
“もらってうれしいブライダルギフト”がいっぱい!ブライダルギフト・引出物の専門店ブライダル・イン・プロジェクト

祝辞の次は自己紹介を

結婚式のスピーチには最初の言葉というものが決まっています。
最初は新郎・新婦にお祝いの言葉をかけることから始めます。
そして、余裕があれば二人のご両親や親戚などにもお祝いの言葉をかけると好感がもたれます。

ですので、「新郎の○○くん、新婦の○○さんこの度はご結婚おめでとうございます。」のあとに「ご両家の皆様」などとつけるとよろしいかと思います。

注意したいこととしてあげるならば、姓が変わる人に対して旧姓でよぶといったことでしょうね。
ほとんどが新婦の方が姓が変わるでしょうから、新婦には新しい姓で呼ぶことがいいと思います。

そして次は、自分が何者なのかということについての自己紹介が良いでしょう。
自分がどこの誰なのかと言った自己紹介と結婚式の主役である二人とどういう関係であるのか・・・
これは重要であると思います。


スポンサードリンク

ウェディングギフト&グッツのセレクトショップ
“もらってうれしいブライダルギフト”がいっぱい!ブライダルギフト・引出物の専門店ブライダル・イン・プロジェクト

 <  前の記事 スピーチの始まりの言葉  |  トップページ  |  次の記事 スピーチの言葉  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/21

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚スピーチを頼まれて・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。