Top >  スピーチ・テクニック >  スピーチの言葉

スポンサードリンク

ウェディングギフト&グッツのセレクトショップ
“もらってうれしいブライダルギフト”がいっぱい!ブライダルギフト・引出物の専門店ブライダル・イン・プロジェクト

スピーチの言葉

結婚式のスピーチには「始まりの言葉」というものがあります。
始まりの言葉とは「お祝いの言葉」を主役の二人やご両親・ご親戚などにかけるというものです。
それが終われば、次は自分のことの話にうつるといいでしょう。
自分はどこの誰なのか、主役の二人とどういった関係にあるのかなどを他の人に知ってもらうと言うことはとても重要です。
そういった意味で自己紹介をすることは大切です。

そのために自己紹介時は自分の名前を言うだけでなく、新郎または新婦との人間関係を説明するのが基本となります。
学生時代の友人なら「学生時代からの友人です。」になりますし、職場の同僚であれば「同僚です。」ですし、上司にあたるのでしたら「新郎○○くん(もしくは新婦○○さん)の勤務されている○○会社で○長をしております。」といった感じに自己紹介するのが良いでしょう。


スポンサードリンク

ウェディングギフト&グッツのセレクトショップ
“もらってうれしいブライダルギフト”がいっぱい!ブライダルギフト・引出物の専門店ブライダル・イン・プロジェクト

 <  前の記事 祝辞の次は自己紹介を  |  トップページ  |  次の記事 スピーチにエピソードはつきもの  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/22

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚スピーチを頼まれて・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。