Top >  スピーチ・テクニック >  エピソードへ繋ぐための伏線を自己紹介時にさりげなく

スポンサードリンク

ウェディングギフト&グッツのセレクトショップ
“もらってうれしいブライダルギフト”がいっぱい!ブライダルギフト・引出物の専門店ブライダル・イン・プロジェクト

エピソードへ繋ぐための伏線を自己紹介時にさりげなく

結婚式のスピーチを聞いている人に興味をもって聞いてもらいたい場合はあらかじめ伏線を張っておくと良いでしょう。

例えば、サークルで起こったことについて話をする場合でしたら、自己紹介時に同じサークルだったことを強調しておくのが良いかと思います。

そして、伏線を張るといった行為は普通のスピーチよりもより高度な技術を必要としますので、ある程度のアドリブができる人に向いていると思われます。
それらの話を最初にすることによって、その場の雰囲気にも慣れますし、最初の言葉が出てしまえばあとの話はスムーズに進めることができるでしょう。

スピーチは最初が肝心と言われているゆえんはここなのかもしれませんね。
事実、結婚式のスピーチは最初が詰まってしまうとその一瞬で言葉を失ってしまい、スピーチも失敗で終わることもありますので。


スポンサードリンク

ウェディングギフト&グッツのセレクトショップ
“もらってうれしいブライダルギフト”がいっぱい!ブライダルギフト・引出物の専門店ブライダル・イン・プロジェクト

 <  前の記事 スピーチにエピソードはつきもの  |  トップページ  |  次の記事 結婚式という儀式  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/24

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚スピーチを頼まれて・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。