Top >  スピーチ・テクニック >  スピーチで失敗しない方法

スポンサードリンク

ウェディングギフト&グッツのセレクトショップ
“もらってうれしいブライダルギフト”がいっぱい!ブライダルギフト・引出物の専門店ブライダル・イン・プロジェクト

スピーチで失敗しない方法

上司に結婚式のスピーチを頼んだら失敗した・・・と言うことはありませんか?
そんな失敗するスピーチをしないためにこんなことを言うのはやめて!
といった内容をかいてみます。

まず1つ目に新郎新婦には全く関係のない話はしない。
良く出るとするなら会社についてではないでしょうか?
会社の創立は○○年で~と言った内容は結婚式には関係ないです。
新郎か新婦がその会社で働いているのはすごいとは思いますが会社が創立されて何年なのかは結婚式には関係ありませんのでその話はしないほうがいいですね。

次に自分たちにしか分からない内容の話をする。
出席者に分かる話ならいいですが自分と新郎新婦だけしか分からないと言った内容も避けるほうがいいです。
3つめに主役の新郎新婦をけなした言葉を使う。
二人の晴れ舞台ですからけなしたり馬鹿にしたりといった言葉は避けるべきですね。
最後に話を長くしない。
話を聞いているほうがつらくなるくらい長いと言うのは迷惑に近いです。
3分くらいを目安に切り上げるのがいいでしょう。


スポンサードリンク

ウェディングギフト&グッツのセレクトショップ
“もらってうれしいブライダルギフト”がいっぱい!ブライダルギフト・引出物の専門店ブライダル・イン・プロジェクト

 <  前の記事 その場の雰囲気  |  トップページ  |  次の記事 普段から言っていいこと・悪いことについて考える  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/49

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚スピーチを頼まれて・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。