Top >  スピーチ・テクニック >  時間的ストレスを生じさせないスピーチ

スポンサードリンク

ウェディングギフト&グッツのセレクトショップ
“もらってうれしいブライダルギフト”がいっぱい!ブライダルギフト・引出物の専門店ブライダル・イン・プロジェクト

時間的ストレスを生じさせないスピーチ

結婚式のスピーチを頼まれることが多い人は、社会的地位がある人が多いと書きました。
ちょっといやらしい言い方ですが、「こんな社会的地位がある人が新郎・新婦のためにお祝いの席に駆けつけてくれた」と言うハクをつけるために選ばれるのが社会的地位のある人が多いのです。

話がそれてしまいましたが、結婚式のスピーチの基本とされる「スピーチの時間」についてですが、どれくらいが適当だと思われますか?

この「スピーチの時間」についてはいろいろ言われていますが、スピーチの時間が長ければ長いほどいいとされる考えには私は賛成できません。
「結婚式のスピーチをする人」=「社会的地位をもった偉い人がしてくれる」ことに価値があった時代はそれでもよかったかもしれません。
でも、今は違うのです。
現在の結婚式のスピーチと言うものは、形式的なものから話の内容の時代に
なってきたからです。
その点を考えると、スピーチの時間とは少し短いかな?と思われる1分半から長くても3分以内でおさまるように終わらせると、聞いている人も快適に聞いていられるのではないかと思います。


スポンサードリンク

ウェディングギフト&グッツのセレクトショップ
“もらってうれしいブライダルギフト”がいっぱい!ブライダルギフト・引出物の専門店ブライダル・イン・プロジェクト

 <  前の記事 失敗しないスピーチ  |  トップページ  |  次の記事 冗舌なスピーチは嫌われる?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/7

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚スピーチを頼まれて・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。