Top >  結婚スピーチ読本 >  リーダーの英語

リーダーの英語

リーダーの英語
鶴田 知佳子
リーダーの英語
定価: ¥ 2,100
販売価格: ¥ 2,100
人気ランキング: 5030位
おすすめ度:
発売日: 2006-01-26
発売元: コスモピア
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
リーダーの英語の詳細を見る

リーダーの英語は、大変わかりやすくまとめられています。文章は結構見やすくて、スラスラ読めました。

この本の内容を実践していただければ、本物だということが実感いただけると思います。
リーダーの英語は、健康を願うすべて人が、今すぐ読むべき本といえるでしょう。

この本は読んでいて抵抗なくスンナリ入ってきます。
この本は教科書として、購入し、頻繁に読み返しております。
リーダーの英語は、本の値段以上の価値があると思います。

リーダーの英語は、 しかし、読みすすめていくうちに、思わずハッとさせられます。

この本を読んでいて、これは正しいと思っていたいくつものことが、間違いであったことを認識させられました。
リーダーの英語の記述内容を生活の中に取り入れると変化を感じると思います。
人生を変えたくなったら、是非、リーダーの英語を手にとってください。 初心者に分かりやすい本です。一読をオススメします。

リーダーの話は分りやすい言葉に、メリハリのある話し方が大切なんですね!
まだ人前でスピーキングをするレベルでもありませんし、個人的には恐らく可能性もゼロに等しいのですが、サブタイトルの「アメリカVSイギリス」に惹かれて購入しました!目的はリスニング、特に、一切の台本が無い英米要人の英語が聞き比べられるからです。
テキストを見ないでCDを3回聴きましたが、このCDに収録されたスピーチは使われている単語が平易で、スピードも思った以上にゆっくりで、綺麗な訛りのない発音であることに正直、びっくりしました!登場人物はサッチャー元首相、故ケネディ大統領、エリザベス女王、バーバラ・ブッシュ氏、現ブッシュ大統領、ブレア前首相、レーガン元大統領、ロビン・クック氏、ヒラリー・クリントン氏、アラン・グリーンスパン氏、ブラウン現首相です。
まあ、政治家が中心なので、誰にでも分りやすい言葉(単語というべきか?)と、落ち着いた喋りの中に時折、スローガンみたいな言葉を力強く織り込んで聴衆を魅了(説得?)することも戦術として大切なんでしょうが、そういう戦術以前にやはりリーダーとしての資質が収録された人たちにもともとあるのでしょう。だからこそ聴衆が魅了されていく様子も録音に収録されていて、結構、飽きずに聞けます。活力が出てきそうです。
個人的には、英語はともかく日本語で日本人を相手に話をする時の参考になりそうです。このCDブックは英語の教材ですが、もう一つのサブタイトル「スピーチの達人に学べ!」にもあるように解説も含め、読み物としても非常に優れていると思います!

スピーチを通して学ぶ
カバーが非常にダサい!

しかし,そのインパクトあるカバー以上に内容に深いインプレッションを与えられました.
歴史的な名スピーチを通じて当時の人々の熱気と感動が伝わってくる!
スピーチを聞き,解説文を読み,シャドーイングを行う.これだけで気分はイギリス最初の女性首相です!西ベルリンの権利のために戦うケネディーにだってなれます!
このようにその人物になりきることで,飽きることなく繰り返し学習をすることができます.

歴史的な名スピーチということで,敷居が高いのではないかと疑問を持つ方もいると思います.
大丈夫!歴史や政治に興味がなかった英語学習者であっても,鶴ちゃん柴ちゃんの解説を読めばのめり込むことができるはずです.
通訳者としての鶴ちゃんの立場からの解説,ビジネスパーソンの柴ちゃんの立場からの解説という二つの立場からの観察が非常に興味深いと思います.この二人のおかげでリーダー達に親しみが湧いてきます.

この本で歴史,プレゼン,英語など様々なエッセンスを学ぶことができます.

リーダーの英語
日本の政治家のテキストにせよ!読み終わった時、思わず心の中で叫んでいた。スピーチの歴史がちがうのか。欧米のリーダーと日本の政治家のスピーチ力の差は歴然。ショックを受けた。毎朝、この本についているCDを聞いてから会社に出かける。よいスピーチは聞き手に高揚感を与える。特に1963年ベルリンの壁の前でしたケネディの演説はお気に入り。let them come to Berlin! これを聞くと元気が出る。知らず知らずに頭に入り、口からも出てくるようになった。英語ってこうやって覚えていくものなのか。英語を学ぶなら、絶対いいスピーチを聞くことだ。それも一流のスピーカーのスピーチをまねする。シャドウイングというらしい。刺激的で、良心的な本である。

リーダーの英語の詳細を見る

 <  前の記事 池田大作全集〈75〉スピーチ  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/735

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚スピーチを頼まれて・・・関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。